ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)とは?

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスとは?

我が国では「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、「ZEH」という)の実現を目指す」とする政策目標を設定しています。

Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を略して、ZEH(ゼッチ)と呼ばれています。

「住まいの断熱性・省エネ性能を上げる」+「太陽光発電などでエネルギーを自ら創る」ことで年間の一次消費エネルギーをおおむねゼロにする住まいのことです。(一次消費エネルギーとは住宅の空調・給湯・照明・換気などに必要なエネルギー消費量のことを指し、その他の家電などは含まれません。)

山脇木材では2020年までに50%達成を目標に掲げ、ZEHの基準はもちろん、より快適で省エネ性を実現できる住宅をご提供するべく、様々なご提案をしてまいります。

わたしたちといっしょに地球に優しい住まいを建てませんか?

御油の元気な工務店 山脇木材TOPへ

Copyright(c) 2012 山脇木材株式会社 All Rights Reserved.